検索エンジンで上位表示する為の3ステップSEO対策

初心者でも検索エンジン上で上位表示する為の、SEO対策を実践できるよう3STEPでの項目ごとに解説しています。

ブログの種類や仕組み

読了までの目安時間:約 5分

 

ブログは大きく分けて、2つに分類されます。ひとつは、ブログサービスを利用して作るブログ。もうひとつは、自分でサーバを用意しブログ構築ツールをインストールして作成するブログ。

 

 

前者のブログサービスを利用して作るブログは主に無料でブログが作成することが出来るため無料ブログと呼ばれます。難しい知識が必要なく、誰でもブログが作成できるので初心者向けです。

 

 

対して、後者のサーバ設置型のブログはサーバ費用やドメイン費用がかかるため有料ブログと呼ばれます。独自のドメインで運用出来る為、独自ドメインブログと呼ばれる場合もあります。

 

 

ツールのインストールやカスタマイズに多少の知識が必要なので中上級者向けのブログです。難しい分、自由度が高いといったメリットがあります。SEO対策においては長期的に運営していくのであれば有料ブログが有利ですが、まずは無料ブログからはじめて慣れていくというのも良いでしょう。

 

 

ブログの仕組み

 

ブログはインターネットがつながっていれば世界中のどこからでも見ることができますが、その仕組みがどうなっているのか?基本的にブログやサイトは、HTMLという言語で作成されていてサーバ上に保管されています。ブログの1ページに対して、1つのHTMLファイルが存在しています。

 

 

このサーバの置かれているHTMLをインターネットを通じて自分のパソコンにダウンロードしてIEやFirefoxといったブラウザがHTMLを解釈してブログやサイトを表示しています。

 

 

ブログやサイトには、URLがありますがこのURLがHTMLファイルが置いてあるサーバの場所やページを指定しているわけです。この仕組みを使って世界中どこからでもブログやサイトを閲覧することができます。

 

 

ブログはHTMLという言語で作成されています。HTMLは、タグと呼ばれる<で始まり、>で終わるもので構成されています。タグの例:<html>,<head>,<body>,<p>

 

 

タグには、大きく分けて2種類あり、<html>〜</html>のように始まりと終わりを囲むものと<br />のようにひとつで成り立つものがあります。前者の囲むタイプのタグは、終わりのタグの<の後ろに/がつきます。後者のひとつで成り立つタグは>の前に/がつきます。/の前には半角スペースがあります。

 

 

HTMLには、いろんなタグが用意されていて、このタグを使うことによって文字の色や大きさを変更したり、画像を表示されることができます。タグは覚えなくても、使うときにサイトや本から引き出せるようにしておくと自然に使う頻度が高いものが覚えることができます。

 

 

HTMLに対して、CSSというものもあります。スタイルシートと呼ばれることもあります。このCSSは、HTMLに対してデザインを定義するものになります。HTML単体でもデザインを定義することができるのですがページ数が多い場合などは、このCSSを利用することで複数のページのデザインを一括して変更することができます。

 

 

また、CSSにデザインを定義することでその分HTMLが軽くなり検索エンジンがページを読み込みやすくなるというメリットもあります。このHTMLとCSSは、難しいと感じるかもしれませんが、SEO対策を行っていくうえでは覚えておくとかなり有利なので、少しずつ覚えていってください。

 

 

HTMLの入門書

http://tohoho-web.com/css/index.htm

 

 

 

SEOの基礎知識   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る