検索エンジンで上位表示する為の3ステップSEO対策

初心者でも検索エンジン上で上位表示する為の、SEO対策を実践できるよう3STEPでの項目ごとに解説しています。

SEO対策に有利なブログタイトル付け・ブログ構築・テンプレート選定方法

読了までの目安時間:約 10分

 

ブログタイトルはSEO対策上、重要な意味があります。検索エンジンが重要視しているタグへ入ることが多いからです。では、どんなブログタイトルをつければいいかと言うとまず決めたキーワードをブログタイトルに含めることです。

 

 

例えば、キーワードを「ブログ 稼ぐ」にしたとするとブログタイトルは「ブログで稼ぐための方法」などという風にキーワードを含めたタイトルにします。さらに言うと、ブログタイトルのできるだけ左側に重要なキーワードをもってくることです。

 

 

キーワードが「ブログ 稼ぐ」の場合、

 

・悪い例:サラリーマンが副業でブログを使って稼ぐ

・良い例:ブログ稼ぐ副業サラリーマン

 

検索エンジンは左側にあるキーワードほど重要視するのでできる限り検索で上位に行きたいキーワードを左側にもってきます。あと、タイトルに含める単語はできるだけ減らすことです。

 

 

キーワードが「ブログ 稼ぐ」の場合、

 

・悪い例:ブログで稼ぐ方法を徹底的にお伝えするブログ

・良い例:ブログで稼ぐ方法

 

 

単語が多すぎるとひとつの単語に対する重要度が減ります。なので、単語を減らすことでひとつの単語の重要度をあげることができます。これと同じ考え方で重要な単語を2回繰り返すのも効果があります。

 

例)ブログで稼ぐ方法!ブログで稼ぐ秘訣とは

 

 

いろいろとブログタイトルをつける際のポイントをあげましたが、まとめると、

 

・ブログタイトルにはキーワードを含める

・重要なキーワードほど左側へ

・ブログタイトルの単語を減らす(または繰り返す)

 

 

このポイントを踏まえてブログタイトルをつけてください。ただ、あまりにも簡素すぎると、検索エンジン上で表示された時に、素通りされてしまいますので、インパクトとSEO対策を重要視したタイトル付のバランスを上手くとるようにしましょう。

 

ブログ作成

 

ブログタイトルが決まったら、いよいよブログを作成します。このブログ作成の際にもいくつか選択があり、SEOの差もありますので、SEOに有利な条件のブログを作成していくようにしましょう。どのブログを作ればいいのかというと、まだブログを作ったことがない方は「無料ブログ」、ブログを運営した経験がある方は「独自ドメインブログ」をおすすめします。

 

 

SEO対策上は、有料ブログ(独自ドメインブログ)の方が有利ではありますがブログ構築にある程度の知識が必要になります。まだブログを作ったことがない方は、まずは無料ブログでブログがどういうものかを把握することとSEO対策の実験を行っていくというのがおすすめです。

 

 

無料ブログサービスの中にも、検索エンジンに強いサービスと弱いサービスがあります。検索エンジンに強いブログサービスでおすすめなのが「FC2」です。FC2ブログのドメインオーソリティが非常に強いのでFC2で作成したブログも必然的に検索エンジンに強くなります。

 

 

また、管理画面が使いやすくテンプレート(デザイン)も豊富なので非常に扱いやすいブログサービスです。

 

 

有料ブログで作成するのであればまずはレンタルサーバを契約することドメインを取得する必要があります。レンタルサーバでおすすめしたいのは「エックスサーバ」です。月額1050円〜でサーバを利用することができ、ドメインの取得も可能です。xサーバーは表示速度がはやく、SEO的にも有利にな要素が含まれているサーバーになります。

 

 

サーバとドメインが用意できたら、ブログを構築するためのツールをインストールします。このツールには、ムーバブルタイプ(MT)とワードプレス(WP)という2種類があります。

 

 

MTとWPは、SEO対策上どちらが有利ということは、はっきり言えませんがおすすめしたいのはWPの方ですね。現在はWPが主流となっていますので、MTをわざわざ使うメリットがありません。WPのインストール方法については、サーバによって違いますのでサーバのヘルプやマニュアルを参考にしてインストールしてください。

 

 

テンプレートを設定

 

ブログを作成したら、テンプレートを設定します。テンプレートとはブログのデザインと思ってもらえればいいです。このテンプレートもSEO対策に強いテンプレートと弱いテンプレートがあります。

 

 

テンプレートは無料ブログの場合は、ブログの管理画面から取得することができますし有料ブログの場合は、「テンプレートキング」といった無料配布サイトで入手できます。では、SEO対策に強いテンプレートの特長をあげてみます。

 

テーブルタグを利用していないこと

 

テンプレートでは、HTMLのテーブルタグ(<table>)を利用して配置をしているテンプレートがあります。基本的にこういうテンプレートは避けたほうがいいです。

 

 

テーブルタグは本来、表を作成するためのものであり、配置に使うものではありません。その為、検索エンジンが読み込みずらくなります。

 

 

最悪の場合、インデックスされないということも起きますのでテーブルタグを使って配置をおこなっているテンプレートは使用しないようにしてください。

 

 

画像やJavascriptを多用していないこと

テンプレートに画像やJavascriptが多用されているとページの読み込み速度が極端に遅くなります。ページが軽いほうが検索エンジンは好みますしそもそもブログへの訪問者に読み込み速度が遅いと嫌われます。

 

 

重要なタグにブログタイトルや記事タイトルが自動挿入されること

H1タグやタイトルタグといった検索エンジンが重要視しているタグにブログタイトルや記事タイトルが自動的に入るようなテンプレートのほうがSEO効果は高くなります。

 

 

使うブログによって自動挿入の使い方が違うので、一概には言えませんがテンプレートの<h1>〜</h1>や<title>〜</title>の部分を確認してください。

キレイなHTMLで作成されていること

HTMLには、見た目はキレイでも正しい文法で書かれていない場合もあります。正しい文法で書かれていないと検索エンジンが読み込めなかったりするのでテンプレートのHTMLもチェックしておく必要があります。

 

 

HTMLの文法チェックは「Another HTML-lint gateway」で行えます。ブログサービス特有のタグなどもあるので
完全に100点満点は取れないかもしれませんができるだけ高得点のテンプレートを使うことをおすすめします。

ブラウザが違っても表示が崩れないこと

これはSEO対策とはちょっと違いますがテンプレートによってはブラウザが違うと表示が崩れるものがあります。IEではキレイに表示されるのに、Firefoxでは表示が崩れるなど。こういう崩れがあるとせっかくブログへ訪問してもらっても記事を読んでくれない場合もあります。

 

 

せめて、利用者が多いIEやFirefoxでチェックしておくことをおすすめします。

 

まとめ

 

これらの事に気をつけてテンプレートを選んでみてください。最初は難しいかもしれませんが自分でテンプレートをカスタマイズしていけるようになることも大事です。

 

 

また、WPでブログを作成する場合に限りますがSEO対策を本気でやっていくのであれば「賢威」や「エッジプラス」という教材についてくるテンプレートが非常にSEO効果が高いです。

 

 

アフィリエイトテンプレートランキング」にてテンプレートを比較して詳しく解説されています。

 

 

 

 

 

タグ :  

内部SEO対策   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る