検索エンジンで上位表示する為の3ステップSEO対策

初心者でも検索エンジン上で上位表示する為の、SEO対策を実践できるよう3STEPでの項目ごとに解説しています。

内部SEO対策を強化するための4つのテクニック・方法

読了までの目安時間:約 7分

 

内部SEO対策を強化するための4つのテクニック・方法を解説していきます。内部SEO対策では、小さな戦略の積み重ねで大きな威力を持ちサイトの評価が上がってきます。なので、これから解説する4つの方法を頭に入れて是非実践してください。

内部リンクをはりめぐらせる

 

トップページや重要な記事には、各ページからリンクを貼ることで検索エンジンも重要なページだと認識し検索順位が高くなります。

 

 

自分のブログ内でページからページにリンクを貼ることを内部リンクと言います。対して、自分のブログの外(他のブログなど)からリンクが貼られることを外部リンクと言います。

 

 

内部リンクと外部リンクでは、外部リンクのほうがSEO効果としては高いのですが内部リンクを集めることもSEO効果はあります。特に記事数(ページ数)が増えてくると、それだけ内部リンクも多くなるので効果は高くなっていきます。

 

 

ブログは、サイドバーやヘッダーなどどのページも共通して表示できる部分がある為その共通した部分に重要なページへのリンクを貼れば全ページから内部リンクを作ることができます。やはり一番重要なページはブログのトップページなので全ページからのトップページへのリンクは必須です。

 

 

キーワード頻度をあげる

 

検索エンジンの検索結果で上位に表示させたいキーワードをブログの中で多く使うことによって検索エンジンはそのキーワードに関連の深いサイト(ブログ)だということを認識してくれます。

 

 

例えば、「アフィリエイト」で検索上位に表示させたいと思ったらブログの中に「アフィリエイト」という言葉を多く使う。つまり、キーワードの出現頻度を上げるということです。これは特にグーグルで上位に表示させたい場合は有効です。

 

 

ページ全体のキーワード数に対する、上位表示させたいキーワードの割合を「キーワード頻度」と言います。このキーワード頻度は5%程度が最適だと言われています。10%以上になるとスパム判定される可能性もあるので気をつけてください。

 

 

自分のブログのキーワードを調べるには「キーワード出現頻度解析」でURLを入力すると調べることができます。

 

見出しタグにキーワードを含める

 

検索エンジンが重要視するタグには、見出しタグというタグがあります。見出しタグとは、その名前のとおり見出しを作るためのタグでh1、h2、h3、h4、h5、h6の6つの見出しタグがあります。

 

 

数字が小さいほど、重要な見出しタグで一番重要なh1タグは1ページに原則1つしか使用したらいけません。(※複数使用するとスパム判定されることがあります)

 

 

この見出しタグにもキーワードを含めることでSEO対策になります。タイトルタグと同様にキーワードができるだけ左側にいれることがポイントです。

 

 

SEO対策を意識したブログのテンプレートでは、h1タグにはブログタイトルや記事タイトルが自動挿入されることが多いのであまり意識をしなくてもいい場合もあります。もし、テンプレートで自動挿入されない場合は自動挿入されるテンプレートへ変更するか、テンプレートをカスタマイズする必要があります。

 

メタタグ

 

メタタグというのは、見た目には表示されませんがそのページの情報を示すためのタグです。メタタグの例:<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS" />

 

見た目には表示されませんので、検索エンジンの為のタグといってもいいかもしれません。このメタタグがいくつか種類があり、そのページの文字コードを指定するものなどがあります。そのいくつかあるメタタグの中でSEO対策上重要となるものが2つあります。

 

キーワード

 

そのページを象徴するキーワードを入れておくタグです。検索エンジンはこのタグを見て、キーワードに関連があるページだと認識します。

 

書き方

<meta name="keywords" content="キーワード1,キーワード2,キーワード3,キーワード4,キーワード5,キーワード6,キーワード7,キーワード8" />contentの中にキーワードを","で区切っていれておきます。このキーワードはあまり多く入れすぎるとスパムになりますので8個くらいにしてください。

サイトの要約文

そのページの要約文をいれておくタグです。そのページがなんに関するページなのかを指定します。

 

書き方

<meta name="description" content="サイトの要約文" />

 

サイトの要約文は全角80文字以内が良いでしょう。テンプレートによっては自動で挿入されることもあります。

 

 

この2つのメタタグはSEO対策上有効なのでかならず設定しておいてください。

 

 

 

タグ :  

内部SEO対策   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る